ぼくのしあわせの時間

  • 2019.11.04 Monday
  • 21:19

新聞の子ども投稿欄より。


《ぼくのしあわせの時間》(中学生・12歳)

 

『 ぼくがしあわせだと思う時は、バスケの試合でみんなの応えんにこたえて、シュートを

 入れた時です。理由は、今まで自分ががんばってきたことのせいかがでたり、自分がチー

 ムの勝利に貢けんできたりすることがすごくうれしいからです。

  他にも、今まで苦手でちょう戦できなかったことができたり、自分のパスでチームメー

 トが有利な位置にきたりした時などもあります。

  家庭の中でもしあわせなことがあります。それは家の人みんなで話をし、親にほめられ

 ることです。そして、今までしあわせなことをしてもらった分、他の人にもバスケのプレ

 ーを通して返してあげられるような人になりたいです。

  それでしあわせになった人が、「自分もこういうふうに他の人にしあわせになってほし

 い」と思ってもらえると、ぼくはうれしいし、しあわせな気持ちになるからです。』

 

自分がしあわせなことをしてもらった分、他の人にもしあわせを返してあげる。

こんな素敵な世の中にしていきたいですね。

 

 

 

《幼児体育教室 春涼香(HaRiKa)》ホームページ
  https://r.goope.jp/harika

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

幼児体育教室 春涼香(HaRiKa)

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM